ゴジラVS 攻略ランド

PS4用ゴジラVSの完全攻略サイトです。
ボスの撃破方法。

スポンサーリンク

【ボスの倒し方】


【▼データベース▼】
名称 解説
アンギラス
落:アンギラス細胞
各種打撃技、後ろを向いての甲羅タックル、そして転がりながら突進してくる技などを使う。
転がって突進してくる技は直撃すると大ダメージをうける。
直撃したら、R2の緊急回避技を使って抜け出したい。

【100mクラス】
ガイガン
落:ガイガンパーツ
ガイガンは両手を広げた後、前方直線状に突進してきます。
両手を広げたらカニ歩きで横に移動するか、タイミングよく△などの攻撃を当てれば迎撃できます。

ガイガンは接近戦に強く、連続攻撃でハメのように攻撃をくらってしまうことが多い。
サマーソルトキックなど強烈な近距離技も使ってきます。
接近戦で動けなくなったら、無敵時間のある緊急回避技(R2)でガイガンを押し出してしまう。
無理に近づかずに、中距離から熱線などの遠距離攻撃中心に戦うと被弾を減らせる。
無理にダッシュタックルなどで近づくと反撃されるので気をつけよう。

中距離〜小距離では、△などのリーチの長い攻撃を使うのが効果的。
こちらもある程度被弾を減らしながら戦える。
そしてゲージが溜まったら、熱線などの必殺技で攻撃する。

【100mクラス】
キングギドラ
落:キングキドラ細胞
首伸ばし攻撃や光線、ジャンプしてからの急降下キックなど強烈な攻撃を数多く持つ。
ジャンプしてからの急降下の後に隙があるので、そこを狙うと安定します。

近距離戦で強引に攻めると反撃に合いやすい。
中距離から熱線で攻撃したり、尻尾攻撃などリーチの長い技を繰り出すのが効果的です。
尻尾攻撃→尻尾攻撃の間合いまで移動して尻尾攻撃。を繰り返すだけでパターンに入ることもある。
あまり近づきすぎないことがポイントです。

ダュシュタックル→掴み攻撃(↑+△)もそこそこ決めやすいが、反撃されることもあり安定しない。
もし反撃されて危なくなったら、R2の緊急回避技で相手を怯ませると良い。

【100mクラス】
一定の距離を保ちながらの熱線が効果的。
巨大キングギドラの方向を向きながら、横歩きや後ろ歩きを使いつつ誘導して、パワーが溜まったら熱線を繰り出す。
するとキングギドラが怯むので、キングギドラと距離を縮めてダッシュタックル→投げと繋げばダメージを与えやすい。
距離があると反撃されることもあるので注意。
反撃されたらあわてずに、後ろ歩きで距離をとりましょう。

キングギドラと距離が離れた状態でダッシュタックルを使うと反撃されるので、無理は禁物。
熱線を2回吐ける状態ならば、熱線→怯んだ所を前進して熱線→さらに前進してダッシュタックルのような感じで、距離を縮めやすい。
キングギドラを壁際まで追い込むと倒しやすくなります。
メカキングギドラ
落:メカキングキドラパーツ
光線や、ジャンプしてからの急降下キックなど強烈な攻撃を数多く持つ。
ジャンプしてからの急降下の後に隙があるので、そこを狙うと安定します。

近距離戦で強引に攻めると反撃に合いやすい。
中距離から熱線で攻撃したり、尻尾攻撃などリーチの長い技を繰り出すのが効果的です。

ダュシュタックル→掴み攻撃(↑+△)もそこそこ決めやすいが、反撃されることもあり安定しない。
もし反撃されて危なくなったら、R2の緊急回避技で相手を怯ませると良い。

【100mクラス】
一定の距離を保ちながらの熱線が効果的。
巨大キングギドラの方向を向きながら、横歩きや後ろ歩きを使いつつ誘導して、パワーが溜まったら熱線を繰り出す。
するとキングギドラが怯むので、キングギドラと距離を縮めてダッシュタックル→投げと繋げばダメージを与えやすい。
距離があると反撃されることもあるので注意。
反撃されたらあわてずに、後ろ歩きで距離をとりましょう。

キングギドラと距離が離れた状態でダッシュタックルを使うと反撃されるので、無理は禁物。
熱線を2回吐ける状態ならば、熱線→怯んだ所を前進して熱線→さらに前進してダッシュタックルのような感じで、距離を縮めやすい。
キングギドラを壁際まで追い込むと倒しやすくなります。
ゴジラ
落:ゴジラ細胞
前方への突進、熱線による遠距離攻撃、尻尾攻撃によるリーチの長い攻撃などどの攻撃の強力。
中でも熱線が強烈なので、いつでも熱線から抜け出せるように緊急回避技(R2)を発動できる状態にしておこう。

【100mクラス】
GODZILLA
落:-
【100mクラス】
威力の高いスパイラル熱線で挑むと比較的楽に倒せる。
無理に接近せずに、熱線を繰り返すだけ。

それほど強い相手ではないので、さほど苦戦しない。
相手の攻撃で動けなくなったら、緊急回避技を使って脱出しよう。
中距離ではリーチの長い強攻撃(△)が効果的です。
3式機龍
落:3式機龍パーツ
メカゴジラのような感じ。
3式機龍は熱線やミサイルなど強烈な遠距離攻撃を持ちます。
もちろん近距離戦にも強い。
近距離戦は反撃されやすいので、中距離から熱線などリーチの長い攻撃のほうが安定しやすい。
敵の連続攻撃で抜け出せなくなったら、R2の緊急回避技で相手を怯ませましょう。

遠距離攻撃も強烈で、くらうと大ダメージを受ける。
もしくらってしまったらすぐにR2の緊急回避技を出してやり過ごすのが良い。
熱線ストックが1だと勝つのに苦労するので、熱線ストック2か3で挑みたい。
つねにストックを1コ残しておいて、2コか3コ溜まったら熱線を吐く。
そしてまたストックを溜めて熱線を吐く。
つねにストックを残しながら戦いたいです。

【100mクラス】
通常版と倒し方は同じ。
安全第一で危なくなったらR2発動。
ジェットジャガー
落:ジェットジャガー回路
ドロップキックなど強烈な攻撃をしてくる。
攻撃後の隙は多いので、相手が攻撃してきたらすぐに近づいて弱攻撃からのコンボ、投げなどでダメージを与える。
ダッシュタックルで近づいてもOK。
危なくなったら、R2ボタンの緊急回避技で抜け出そう。

たまにジャガーが小さくなることがある。
攻撃を当てにくくなり、なかなかダメージを与えれない。
一定時間後に大きくなるので、大きくなったら強烈な攻撃を浴びせましょう。

遠距離の場合、頭から突進してくることもある。
その場合は、カニ歩きで横に避けるか、熱線で迎撃しましょう。
頭からの突進をくらうと吹っ飛ばされるので注意する。
※ジェットジャガーは特別な条件を満たすことで出現します。
スペースゴジラ
落:スペースゴジラ細胞
他のゴジラとは違い、たまに浮遊してくるのが特徴。
浮遊した後に、突進や熱線攻撃をしてくる。
どちらも強烈で避けにくい。
危ないときのために、R2の緊急回避技を残しておきたい。

【100mクラス】
-
デストロイア
落:デストロイア細胞
【100mクラス】
デストロイアは100mクラスのみ出現する。
怪獣が成長してない前に登場するとかなり厳しい。

遠距離攻撃、近距離攻撃、ダッシュ攻撃など様々な攻撃をしてくる。
つねに熱線ストックを1つ以上残しておき、危なくなったらR2の緊急回避技を使おう。
バトラ(幼虫)
落:バトラ幼虫細胞
モスラと同じような敵。
モスラより背が高いので攻撃は当てやすい。
やはり危なくなったらR2の緊急回避技を使えば何とかなります。

【100mクラス】
バトラ(成虫)
落:バトラ成虫細胞
モスラ(成虫)と同じく、つねに飛んでいるため、攻撃を当てにくい。
接近戦に強く、連続攻撃でハメのように攻撃をくらってしまうことが多い。
接近戦で動けなくなったら、無敵時間のある緊急回避技(R2)でバトラを押し出してしまおう。
無理に近づかずに、中距離から熱線などの遠距離攻撃中心に戦うと被弾を減らせる。
無理にダッシュタックルなどで近づくと反撃されるので気をつけよう。

中距離〜小距離では、△などのリーチの長い攻撃を使うのが効果的。
こちらもある程度被弾を減らしながら戦える。
そしてゲージが溜まったら、熱線などの必殺技で攻撃する。

【100mクラス】
無理にダッシュタックルなどで近づくと反撃されてダメージを受けることが多い。
中距離からリーチの長い△などで攻撃していけば、安定する。
熱線ゲージが溜まったら熱線で攻撃するのも効果的。

バトラは遠距離攻撃も使うが、くらっても一撃で死ぬようなことはない。
もし危なくなったら緊急回避技(R2)を出す。
安全重視の場合は、熱線ストックを無駄遣いせずにR2の緊急回避技をいつでも出せるようにしておく。
へドラ
落:へドラ細胞
ゴリオシでも勝てる相手だが、近づくと光線やヘドロなどで反撃されます。
後ろ歩きで一定の距離を保ちながら、熱線で攻撃していけば楽々倒せます。
ダッシュタックル連打でもはめれるが、たまに反撃される。
その場合は、R2の緊急回避技で抜け出そう。

【100mクラス】
ビオランテ
落:ビオランテ細胞
触手を使った攻撃が厄介です。
無理に接近せずに、一定の距離を保ちながら熱線を吐いていくと安定する。
相手との距離が近ければ、強攻撃(△)でふっ飛ばすのが良いだろう。
近距離だと反撃されやすいので、危なくなったらR2の緊急回避技で抜け出す。

【100mクラス】
メカゴジラ
落:メカゴジラパーツ
中距離では△の熱線で攻撃。
熱線パワーが無くなったら、□の打撃or↑+△の投げで攻撃していこう。
距離があるときは×のダッシュタックルで突撃すると良い。
敵の攻撃で怯んだり、危なくなったらとりあえずタックルで突っ込めば反撃しやすい。
もし反撃されて危なくなったら、R2の緊急回避技で相手を怯ませると良い。

中距離ではリーチの長い攻撃(△など)も効果的。
△→怯んだ相手に近づいて△。を繰り返すだけでも倒せることがある。

【100mクラス】
-
メカゴジラ2
落:メカゴジラ2パーツ
メカゴジラと同じような倒し方で問題ない。

【100mクラス】
-
【小ネタ】
敵でメカゴジラUが出てきた時、体力を低下させて掴み技をすると頭が取れてインナーヘッドになる。
体力の目安、ゴジラ以外でできるか、詳細な投げコマンドの特定等は未確認。
情報提供:ミヤミヤさん
スーパーメカゴジラ
落:スーパーメカゴジラパーツ
メカゴジラは遠距離からの熱線が得意技。
浮遊している時は特に注意が必要で、熱線を多用してくる。
この熱線が直撃すると一気に赤くなるほどの大ダメージを受ける。
連続でくらうとほぼ確実に死にます。

無理に近づこうとするとこの熱線で迎撃されることが多い。
×のダッシュタックルも危険。
スーパーメカゴジラの熱線をくらっている時にR2の緊急回避技を使うとダメージを無効にできるので、出来るだけ熱線ストックを残しながら戦いたい。
中距離では△ボタンによる強攻撃が当てやすい。
一定の距離を保ちつつ、強攻撃でダメージを与えていく。
相手に反撃されたらR2で脱出。
熱線ストックに余裕があれば、熱線でダメージを与えていく。

メカゴジラを壁際まで徐々に追いかける。
壁際にきたら、R2ボタンの緊急回避技や、強攻撃などでダウンさせる。
メカゴジラに近づくと、ビームを撃ってくるので、ビームを撃つモーションになったら少し後退してビームを避けます。
発動後の隙を狙ってすぐに接近し、強攻撃を出せば安全に当てることができる。
位置を調節しながら強攻撃を繰り返すだけである程度安定します。
とにかく壁際まで追い込むことが攻略の秘訣です。
危なくなったらすぐにR2の緊急回避技で抜け出すこと。

【100mクラス】
攻撃激しく、ゴリオシではなかなか勝てない。
安全に勝つには一定の距離を保ちつつ、熱線や強攻撃が安定する。
メカゴジラの熱線を近距離で受けると一撃で死ぬことが多いので、中距離戦で戦うほうが安全。
怪獣が成長してない内に出会うとかなり苦戦します。
危なくなったらすぐに緊急回避技(R2)を使う。
つねに緊急回避技を使えるように、ストックを1コ残しておくと良い。
モスラ(幼虫)
落:モスラ幼虫細胞
背が低いので通常攻撃は当てにくいですが、ダッシュタックルなら当てやすい。
×ボタンのダッシュタックルをひたすら繰り返すだけで倒せる。
連打でひたすらダッシュタックルするだけです。
はめるような感じになり、相手は全く動けなくなります。
まずは、回転攻撃(↑+□)や熱線で怯ませてからタックルで近づくのが良いでしょう。
ダッシュタックル→回転攻撃(↑+□)→ダッシュタックル…を繰り返すだけでもはめやすいので、お好みで。

もし反撃されて危なくなったら、R2の緊急回避技で相手を怯ませると良い。

【100mクラス】
遠距離からのダッシュタックルを多用してくる。
接近状態ではリーチの長い糸攻撃もあり、遠距離・近距離どちらの攻撃も強力。

ダッシュタックルの直前に勢いをつけるので、それが向かってくる合図。
尻尾攻撃などリーチの長い攻撃をタイミングよく繰り出すと、突進してくるモスラを迎撃できる。
タイミングはかなりシビア。
近距離では糸による連続攻撃で大ダメージをくらうことが多い。
危なくなったらR2の緊急回避技で攻撃から抜け出そう。
モスラ(成虫)
落:モスラ成虫細胞
つねに飛んでいるため、攻撃を当てにくい敵です。
前方直線状に突進してきたり、中距離から熱線で攻撃してきたりと近距離も遠距離も得意な相手。
もし反撃されて危なくなったら、R2の緊急回避技で相手を怯ませると良い。

【100mクラス】
ラドン
落:ラドン細胞
空を飛んでからの攻撃を多用してくる。
空を飛んだ後に衝撃波を飛ばす。
空を飛んだ後に蹴りを放つ。
見えなくなるくらい大きく空を飛んだ後に、地面に急降下して衝撃波を放つ。
これらの攻撃をしてきます。
地上から衝撃波を飛ばしてくることもある。

空を飛んだときに熱線や、リーチの長い攻撃を使えば打ち落とすことも可能。
攻撃が届かないと反撃されやすくなるものの、打ち落としてしまえばかなり有利になる。
打ち落としたらラドンに向かって突進し、近距離攻撃や、投げなどでさらなる追加ダメージを与えよう。

ダッシュタックル→投げ→ダッシュタックル→投げと繰り返すだけではめれることも。
途中で反撃されそうになったら、R2の緊急回避技で相手の動きを封じてしまえば良い。
とにかく出切るだけ空を飛ばせないようにすれば楽に倒せる相手。

【100mクラス】
スーパーX1
落:-
動きが早く、攻撃を当てるだけでも一苦労。
熱線(飛び道具)が当てやすいので、熱線パワーが溜まったらスーパーXを狙いましょう。
動いてる所を狙うと当てにくいので、スーパーXの攻撃中など動きが止まった所で熱線を吐こう。
熱線ストックが2つ以上あるなら、熱線を当てる→続けて熱線を吐けば連続でダメージを与えれます。
スーパーXはちょこかま動き回るので、左下のレーダーマップを頼りに探すと良い。
スーパーXを直接見て探すと何処にいるか分かりにくいので、必ずレーダーマップを見て探しましょう。

ゴジラの△の回転攻撃などリーチの長い技も当てやすい。
熱線ストックが溜まってないときや、複数の敵を相手にするときはこの回転攻撃が頼りになります。
正面にスーパーXがいると当てやすいです。
回転攻撃は横などにいても当たることがある。
ただし、離れた状態だと届かないこともあるのでスーパーXとの距離に注意したい。
距離が離れている場合は、1歩2歩前進してから回転攻撃を狙う。

弱攻撃などリーチの短い攻撃を当てるのは難しいので、狙わないほうが無難。
相手と距離が近ければ弱攻撃も当たる。
×ボタンのダッシュタックルは避けられることが多いです。
スーパーX2
落:-
基本的な倒し方はスーパーXと同じ。
スーパーX2の機体前面が開いた状態のときに熱線を放つと、熱線を反射して逆にダメージを受けます。
スーパーX2の機体前面が開いた状態では熱線を使わないようにしてください。

【小ネタ】
スーパーX2がファイヤーミラー展開している時に、熱線系攻撃を複数回当てているとファイヤーミラーが溶けて使用できなくなる。
見た目的には火が出ており、熱線系攻撃が展開してても直撃するようになる。
当てる回数等は未確認。
怪獣はファイヤーミラーが反射する熱線系攻撃を持っている怪獣ならどれでもできる。
情報提供:ミヤミヤさん
スーパーX32
落:-
基本的な倒し方はスーパーXと同じ。
左下のレーダーマップを頼りにスーパーX3の位置を探り、こちらに近づくタイミングで熱線で攻撃しよう。
近くならば強攻撃(△)も当たります。

熱線で攻撃するのが最も楽だが、正面同士だとスーパーX3の攻撃で怯んでしまい、熱線を吐けずに終わることが多い。
敵の動きをよく見ながら、正面衝突のような感じではなく横から熱線を吐ける位置に誘導したい。
もしくは当てるのが楽なR2を使おう。
轟天号
落:-
スーパーXのように飛び回り、攻撃を当てにくい。
スーパーXと同じように左下のレーダーマップで轟天号の位置を探り、近づいてきたら熱線で攻撃しよう。
熱線を何度か当てると破壊できます。

正面同士だと轟天号の攻撃で怯んでしまい、熱線を吐けずに終わることが多い。
轟天号の動きをよく見ながら、正面衝突のような感じではなく横から熱線を吐ける位置に誘導したい。
他の攻撃は当てにくいが、運がよければ強攻撃(△)も当たる。
轟天号が近づくタイミングで△ボタンを繰り出してみよう。

スポンサーリンク

トップページに戻る